東日本大震災への姿勢

6/23(木)〜6/27(月) 10:00〜17:00

会場:島田美術館(熊本市島崎4-5-28)

後援:KKTくまもと県民テレビ・熊本日日新聞

出展作家一覧

 

※この豆本展の売上の一部を東日本大震災復興支援に使用しました※

 

この豆本展では売上のうち

5%の寄付を宣言しており、その額が ¥13,338 でした。

ハンパだなーと思ったので、¥14,000 の予算で

 

ふんばろう東日本支援プロジェクト のサイト経由で

石巻市へホットプレート・石巻市へおむつ・相馬市へ洗剤 を送りました。

 

このページから、アマゾンの避難所ごとの「ほしいものリスト」のページへ

飛ぶ事ができます。それでリストから選んで購入するとアマゾンから直接

避難所宛に発送されます。

けっこう安い(¥1,000以下とかの)希望アイテムもあるので

個人でも支援が可能です。興味ある方はぜひ上記サイトをご覧ください。

 

 

2011.08.12

お届け先の方から御礼のおハガキをいただきました。

復興作業などでお忙しい中のご返信、ありがたいです。

(ちゃんと届いたのがダイレクトにわかるのは嬉しいです、個人的には)

そして今回の豆本展に関わってご協力いただいた皆様に感謝します。

2011.05.01

 

まだまだ食料品が不足している状況は続いていますが

心を癒す支援の必要性も出てきているようです。

 

売上での金銭支援

作品の寄贈での支援

ワークショップで支援する手だってあるよね、とか考えています。

 

私は豆本の

ささやかな重さなのに確かな存在感があるところが好きです。

 

 

 

【東日本大震災に対する姿勢 2011.03.16 】

 

ふくまめプロジェクトでは

豆本には

人を元気にしたり癒したりできる力があると信じているので

引き続き全力で豆本活動を続けていきます。

 

もちろん現在必要なのは食料をはじめとする

身体を救うための物資です。

 

しかし時間が経って心がすっかり疲れてしまった時

必ず

素敵な創作物がお役に立てる時が来る。

 

作家の皆様はぜひ制作を続けてください。

読むのが好きな方は思う存分楽しんでください。

好きな豆本をたくさん読んでお財布が許せば(笑)買ってもらって

それで皆で元気になっていきたいと

強く願っています。

 

 

2011.03.16 ふくまめプロジェクト主宰 古賀涼子

 

合計:無料カウンター 本日:出会い系 サクラ 昨日:セフレ デリヘル 東京

Hey Visitor!